EA設置手順

ここでは、配布させて頂く自動売買プログラム(EA:Expert Adviser)の設置手順をご紹介します。

めちゃくちゃ簡単ですので、FX初心者の方もビビる必要はありません。

まず、LINEから口座に紐づけした専用EAをお受け取りください。

MT4に受け取ったEAを設置する手順

MT4を開きます。

メニュー左端の「ファイル」→「新規チャート」→「Spot Metals」→「GOLD」を選びます。

そして時間足を「H1」から「M5」にします。

次にまた左上の、「ファイル」→「データフォルダを開く」→「MQL4」→「Experts」を開きます。

ここに、お渡しした専用のEAを入れてください。

(※私の画面では既に色々入っていますが、EAを始めて利用する方は何も入っていないのが普通ですので安心してください。)

これで完了です。

EAが無事保存されたら一度MT4を終了して、パソコンを再度起動します。

自動売買プログラム(EA)の動かす前の準備

一度閉じた後に、まずはチャートを再起動してください。

メニューバーに「ナビゲーター」というものと表示させます。(※既に表示されている場合はここは飛ばしてOKです)

メニューバーの星マークのようなものをクリックすると、上記画像のように左側にナビゲーターが現れるので、その中の「エキスパートアドバイザ」の中に、先ほど設置したEAが入っているのでそれを目視で見つけます。

それを選び、「右クリック」→「チャートに表示」としてください。

これでGOLDの5分足のチャートにEAが設置できたのですが、細かい設定に関してのサブウインドウが表示されるはずです。

上記の赤枠で囲った2か所だけ、各自の資金や投資スタイルに合わせて変更してください。

こちらのノウハウのページでも説明していますが、念のためここでは注意点だけお伝えします。

Lotというのは取引数量を意味していて、投資資金10万円以下の方が、XM口座で数量1だと負けた時の損失が大きいので、0.1やそれ以下くらいで始める方は多いです。

ただし、Lotが小さいとそのぶん勝った場合の獲得利益も少なくなるので、投資結果を見ながら調整するのが理想でしょう。

SLというのはストップロス(損切)の設定という意味です。

損切というのは、どれくらいチャートが逆行したら手仕舞いするかという数値です。FXの動いた値はPipsという用語で表します。

長期的な目線で勝てるトレーダーになるためには、損切を必ず設定しなければいけません。損切ができないトレーダーの先に待っているのは破綻しかありません。

GOLDの場合、ボラ(=ボラティリティ)が大きいので、いったん反対に大きく動いた後に、想定していた方向にいくことも多いのです。

ですから、あまりにも損切のPipsを小さくしていると、毎回毎回損切に引っかかってしまい、勝てるはずのトレードも勝てなくなってしまいます。

ですから、ある程度大き目の数値でPipsを設定しておくこともこのGOLDのトレード手法のキモです。

FX初心者の方は以下の間の数値がひとつの目安です。

  • Lotサイズ:0.1~1の間
  • SL(Pips):20~80の間

これでEAの設置は終了です。

※ただし、まだこの状態では稼働しません。

自動売買プログラム(EA)を稼働させる

設定が終了すれば、EAを稼働させます。

稼働させれば、パソコンがシャットダウンやスリープにならない限りは稼働し続けますので、止めたくない場合はパソコンがスリープにならない設定にしておきましょう。

稼働のさせ方は以下の通りです。

メニューから、「表示」→「ナビゲーター」→「エキスパートアドバイザ」→「導入したEAを選んでダブルクリック」

すると以下のサブウインドウが表示されるので、ここで「全般」を選び、赤丸で囲った3か所にチェックが入っているのを確認してOKを押します。

そして、チャート上部の「自動売買」というボタンをクリックします。

これで完了です。

チャート右上の顔文字がニコニコしていれば稼働中である証です。

これが困った顔になっていると、停止している状態や、インターネット回線が不具合になってたりして稼働していない証拠です。

EAが稼働してエントリーされた際に、チャートの画面上でも収益を確認したいという方は、「表示」→「ターミナル」とクリックして、ターミナルを表示させておけば取引を把握することができます。

 

error: Content is protected !!